お客様の気持ちに寄り添い、 ご要望に応える解決をめざします

弁護士法人よぴ法律会計事務所
  • 相談料0円
  • 着手金0円
  • 不当解雇
  • 残業代請求
代表弁護士 吉岡 達弥
所属団体 東京弁護士会
住所 〒134-0088 東京都江戸川区西葛西6-13-14 2階F号室
最寄駅 東京メトロ東西線「西葛西」駅南口より徒歩1分
電話番号 050-5268-7334【通話無料】
(受付時間:毎日9:00〜22:00)
事務所からのアドバイス

従業員の気持ちに寄り添い、親身にサポートします

弁護士法人よぴ法律会計事務所

当職は実家がお米屋で、8歳のときから接客業をしてきたため、親しみやすく相談しやすい弁護士です。また自営業を通じて多くの従業員の方と接してきたことから、日々働く中での従業員の方のお気持ちも理解しているつもりです。

当事務所では残業代請求の問題は初回30分無料でお受けしています。残業代はご自身が労働したことの対価であり、単にお金の問題だけにとどまらず、納得できないという気持ちの未消化の部分が大きいと思います。そうした点にも留意しながら、依頼者の方と一緒に最後まで問題に向き合いますので、いつでも遠慮なくご相談ください。

弁護士法人よぴ法律会計事務所
残業代請求はお任せください!
お急ぎの方は、今スグお電話ください [受付時間:毎日9:00〜22:00]
050-5268-7334
今すぐメールフォームからお問い合わせをする

料金体系

着手金0円~(成功報酬型の契約類型あり)
相談料無料
成功報酬回収額の16%~30%(事件の種類によりますのでご相談時にお見積もりいたします)

弁護士法人よぴ法律会計事務所

2019年7月26日
  • シェア
  • ツイート
  • 追加

不当解雇や残業代問題に精力的に対応

「残業代」は支払ってもらうべき当然の権利

弁護士法人よぴ法律会計事務所は西葛西にある弁護士事務所で、東京メトロ東西線「西葛西」駅南口より徒歩1分の便利な場所にあります。これまで労働問題に対して積極的に取り組んでおり、不当解雇の問題や残業代問題についても確かな実績を有しています。

残業代請求は、早期に行動を起こすことが重要

最近とくに未払い残業代の相談は増えつつあります。残業代は業務に従事した従業員にとって支払ってもらうべき当然の報酬であり、一方企業の側も社会的な信用を損ないかねない問題として慎重に対応するようになりました。

そして残業代の請求は、早期に行動を起こすことが重要です。というのも未払い残業代をさかのぼって請求できるのは2年までと決められていて、それ以前の残業代はいくら金額があっても回収することができなくなるのです。

当事務所では平日夜間や土日祝日のご相談も予約をいただければ面談OKです。ご相談いただいた方に対して、親切・丁寧でわかりやすいご説明を心がけておりますのでいつでも気軽にお越しください。

在職中でも残業代は請求できる!

会社と争いにならず、柔軟な解決も可能

退職後はもちろん、在職中であっても、未払い残業代は請求することができます。仕事は続けたいし辞めるつもりはないけれども、未払いの残業代があるから何とかしてほしい…という方も少なくないのです。

そうしたケースにおいて、ご自身で会社側に交渉するのはなかなか難しいでしょう。そこで弁護士に相談いただくと、会社と紛争になることは避けながら、柔軟なスタンスで交渉にのぞみ、依頼者にとって納得のいく成果を導けることも考えられます。

もちろん退職に際して、支払ってもらっていない残業代を回収したい、と相談いただくケースは多々あります。どのようなタイミングでも構いませんので、未払い分の残業代があると認識できる場合には、早めに弁護士に相談されることをおすすめします。

残業代の金額算出は簡単ではない

専門家である弁護士のサポートを受けてほしい

残業代の請求において、難しいのは残業代の金額の算定です。実は残業代の算出方法は簡単ではなく、専門的な知識が必要となる面が多々あります。また会社によっては、「残業を命じたつもりはなく、本人が勝手に残っていただけ」と主張するようなケースもあり得ます。

そもそも残業であることの証明や、残業代の対象として算入できる範囲、深夜残業の時間や休日出勤が含まれている場合など、金額の算出方法には専門家である弁護士の視点が欠かせないのです。

間違った金額を算出してしまうと、会社側に有利な状況を与えてしまうことになり、主張の信ぴょう性にも悪影響を与えてしまいます。何よりもせっかくの残業時間が、正確に請求額に反映されなければ、回収できるはずの金額が減ってしまうことになるのです。

多数の案件を通じて培った確かなノウハウ

当事務所は依頼者のお話を丁寧にお聴きし、残業時間やその時間帯に応じて、請求額にもれがないよう精査していきます。これまでの多数の案件を通じて培った確かなノウハウを有していますので安心してお任せください。

残業したことを示す「証拠」が重要

小さな証拠を丁寧に積み上げて立証につなげる

もう一つ、未払い残業代を請求する上で欠かせないものが、どれだけ残業をしたかという「残業時間」を証明することです。つまり、残業時間を立証するための確かな証拠の収集が不可欠といえます。

残業時間の算定にあたって最も有力な証拠となるのは、タイムカードや業務日報ですが、それらがない場合でも、残業したことの立証は十分に可能です。デスクワークの場合はパソコンのログイン・ログアウトの時間を拾うこと、また出退勤時間を自分でメモしていたり、家族への帰宅のメールなど、何かの記録を残しておくことが重要なのです。

事務職でなく営業職の方でも、業務終了報告のメールや、帰宅時間がICカードに残っているような場合には証拠としてとらえることも可能です。たとえ大きな証拠に乏しくても、小さな証拠を丁寧に積み上げていくことで立証につながります。

事務職で300万円を超える回収実績も

こうした証拠を効果的に集めていくには、やはり退職する前から行動を起こしておくことが大事です。在職中だから集められる証拠は多くありますから、辞めて会社を離れてしまう前から、証拠の収集について意識しておくことが大事というわけです。

もちろん、退職後であっても、会社側に証拠開示の請求を行うほか、ご自身の記録や第三者の証言などを丁寧に集めていくことで、残業時間の立証は十分に可能です。退職前でも退職後でも、いつでも遠慮なくご相談ください。

当事務所では、過去に事務職の方で300万円を超えるような残業代回収の実績もありますので、決して安易にあきらめることなく早めにご相談ください。

大事なのは依頼者の思いに応えること

労働審判・裁判を通じて納得の解決をめざす

残業代問題を依頼いただくと、まずは企業側との交渉のテーブルにつきます。そして交渉したものの、なかなか合意が得られないときには、「労働審判」を申し立てて現実的な解決をはかることを検討します。

労働審判とは、労働審判官1名と労働審判員2名が審理する裁判所による手続きです。労働審判は原則3回の期日で審理を終えるため、スピード感をもった解決を図ることができるメリットがあります。

審判でも合意に至らない場合には裁判ということになるのですが、どのあたりで決着するかは依頼者の方の要望次第で、それに見合った着地点を見つけるべく、企業側との話し合いを続けていきます。依頼者の方のご希望をお聞きし、それに応える成果をめざして粘り強く対応いたします。

  • シェア
  • ツイート
  • 追加
  • 東京都対応
    弁護士法人よぴ法律会計事務所
    弁護士法人よぴ法律会計事務所
    スマホ携帯からも通話無料 050-5268-7334 [受付時間:毎日9:00〜22:00]
    住所 〒134-0088 東京都江戸川区西葛西6-13-14 2階F号室
    最寄駅 東京メトロ東西線「西葛西」駅南口より徒歩1分
    フォームからお問い合わせ
弁護士法人よぴ法律会計事務所
残業代請求はお任せください!
お急ぎの方は、今スグお電話ください [受付時間:毎日9:00〜22:00]
050-5268-7334【通話無料】
今すぐメールフォームからお問い合わせをする

残業代請求 メール無料相談フォーム

氏名 例)山田 太郎
フリガナ 例)ヤマダ タロウ
電話番号 例)03-1234-5678
メールアドレス 例)sample@yamada.com
住所 例)東京都渋谷区1-1
ご相談内容 例)相談したい