弁護士法人勝浦総合法律事務所 東京オフィス

年間回収額は5億円以上! 確かなノウハウで納得の解決へ導きます

弁護士法人勝浦総合法律事務所 東京オフィス
  • 相談料0円
  • 着手金0円
  • 完全成功報酬
  • 不当解雇
  • 残業代請求
代表弁護士 勝浦 敦嗣
住所 〒107-0062 東京都港区南青山2-6-12アヌシー青山5階
最寄駅 東京メトロ銀座線、半蔵門線、都営地下鉄大江戸線「青山一丁目駅」 A5出口より徒歩4分
東京メトロ銀座線「外苑前駅」 1B出口より徒歩6分
電話番号 050-5267-6806【通話無料】
(受付時間:平日9:30〜19:00 土曜日10:00〜17:00)
事務所からのアドバイス

社員が声を上げない限り、会社の考えは変わりません!

弁護士法人勝浦総合法律事務所 東京オフィス残業代を請求するのは、労働基準法が認めた労働者の権利です。しかし残念ながら、世の中には、まだまだサービス残業を強要する会社がたくさん存在します。社員が声を上げない限り、会社の考えは変わらないでしょう。誰かが声を上げることが会社に対する圧力となり、ひいては社会全体の労働に対する考え方が是正されていくのだと思います。

遵法意識の低さを経営者に突き付け、改善を求めるという意味でも、残業代請求には意義があるものと考えています。当事務所は、ご依頼者の利益を第一に考え、豊富な経験を武器に残業代請求を行います。ぜひお気軽にご相談ください。

弁護士法人勝浦総合法律事務所 東京オフィス
残業代請求はお任せください!
お急ぎの方は、今スグお電話ください [受付時間:平日9:30〜19:00 土曜日10:00〜17:00]
050-5267-6806
今すぐメールフォームからお問い合わせをする

料金体系

相談料0円
着手金0円



成功報酬の内容

交渉での解決18%
労働審判での解決24%
裁判での解決30%
※請求額が小さい、証拠が少ない事案などの場合、増額する場合もあります

弁護士法人勝浦総合法律事務所 東京オフィス

2019年5月20日
  • シェア
  • ツイート
  • 追加

残業代請求に豊富な実績と確かなノウハウ

初期費用0円の完全成功報酬制、年間5億円の回収実績

「弁護士法人勝浦総合法律事務所」は東京(青山)・大阪(本町)・横浜(関内)にオフィスを構える法律事務所です。東京オフィスは南青山の「青山一丁目」駅から徒歩4分の便利な場所に立地。在籍する8名の弁護士が、未払い残業代請求の問題に積極的に取り組んでいます。

当事務所は労働問題の中でも、特に残業代請求については豊富な実績を有しています。その回収額は年間5億円以上(H30.1~H30.12)にも上っており、依頼者の方に納得いただける解決に向けて、これまでの経験をフル動員して徹底的にサポートいたします。

残業代請求に関するご依頼は、初期費用0円の完全成功報酬制(回収額の18~30%)で取り扱っております。面談は初回相談料無料でお受けしており、電話での無料相談もOK。より多くの方々にご相談いただきやすいように平日は20時まで営業しており、土曜日も面談は可能ですので気軽にご相談ください。

会社の説明に丸め込まれてはダメ

その気になれば残業代請求が可能なケースがほとんど

たとえば、サービス残業、名ばかり管理職…といったことで、残業代を払おうとしない会社は決して少なくありません。実はそのうちのほとんどは、法律上の根拠のない取扱いであり、社員がその気になれば残業代請求が可能といえます。

本来請求すべき残業代を手にしていただくために、当事務所がサポートしながら法的な反論を行っていきます。泣き寝入りしてしまったり、安易にあきらめることなくぜひご相談いただければ幸いです。

残業代請求には「2年」の時効がある

未払い残業代は退職後であれば、会社に気兼ねすることなく請求が可能ですので、退職後に以前の職場に残業代請求を行うケースは非常に多いです。求職中の生活費の足しにするため、会社のコンプライアンス意識を正すため…など、様々な理由で元の勤務先に残業代請求を行うケースがあります。

何より残業代は、放っておけば2年の時効で消えてしまう権利ですので、請求しないのは、ご自身にとって、とてももったいないことだと思います。つまり、残業代はその給料日から2年経つと時効になり、毎月毎月、2年前の残業代が時効になっていくことになるわけです。

未払い残業代があれば早めの相談を

当事務所が状況に応じたアドバイスをご提供

また、これまでに未払い残業代が生じていて、この先退職を考えているような方は、できれば在職中に一度当事務所にご相談にお越しいただいたほうが良いでしょう。

たとえば退職する旨を会社に伝えると、会社側は退職合意書にサインや捺印を求めてくることがあります。その中に、今後何も請求しない…といった一文が入っているようなこともあり得るのです。

もちろん、だからと言って「請求できない」…ということはないのですが、無用な論点が新たにできて、解決までの時間がかかってしまうのは避けたいもの。いち早く当事務所に相談いただくことで、適切なアドバイスをさせていただくことができます。

残業代の請求に欠かせないのが「証拠」の確保

タイムカードや日報の他にも証拠になるものは多い

残業代を請求する際には、残業したことを立証するための「証拠」の収集が必要になります。弁護士に早期に相談をいただくメリットに、効果的な証拠の収集に関するアドバイスを提供できる点が挙げられます。

当事務所では、タイムカードや日報、パソコンのログ情報の確保などはもちろん、残業代問題に関する豊富な経験を活かして、業種や職種に見合った効果的な証拠の収集についてのアドバイスを提供できますので、退職する前にぜひご相談ください。

依頼者のご要望に応じながら、最後まで粘り強くサポート

弁護士はご自身の代理人となって会社側と交渉し、交渉で合意が得られない場合には労働審判を申し立てて解決をはかります。審判で納得いかなければ裁判に打って出ますが、そもそも審判を経ずに裁判に判断をゆだねるケースもあり得ます。

回収までのスピード感を重視されるのか、もしくは金額にこだわって妥協なく進めるのか。あくまでも依頼者のご要望に沿う中で、交渉から労働審判、さらには裁判を見据えながら、最後まで粘り強くご対応いたします。

最近の主な解決事例から~あらゆる職種にご対応可能

解決事例① 長距離運転手のケース

長距離トラック運転手約3名からのご依頼を受け、裁判に至りました。会社側は固定残業代制度を盾に争ってきましたが、当方の主張が裁判所にも認められ、最終的に総額約1,800万円の支払いで和解しました。

本件に限らず、固定残業代を理由に残業代を払わないケースが散見されます。しかしながら、就業規則の定め、求人条件、固定残業代の計算方法などを調査し、過去の裁判例を丁寧に検討すれば、固定残業代制度を打破できるケースは多くあります。

解決事例② 飲食店店長のケース

会社側がタイムカードの開示にも応じなかったため、推定計算で提訴した上で、タイムカードの開示を求める文書提出命令を申し立てました。

その後開示されたタイムカードをもとに、訴訟での請求を続けたところ、会社側からは管理監督者なので残業代は生じないという反論が出されましたが、裁判所はこれを認めず、和解で800万円を回収しました。会社がタイムカードの提出を拒んだ場合でも、泣き寝入りは不要です。

  • シェア
  • ツイート
  • 追加
  • 関東対応
    弁護士法人勝浦総合法律事務所 東京オフィス
    弁護士法人勝浦総合法律事務所 東京オフィス
    スマホ携帯からも通話無料 050-5267-6806 [受付時間:平日9:30〜19:00 土曜日10:00〜17:00]
    住所 〒107-0062 東京都港区南青山2-6-12アヌシー青山5階
    最寄駅 東京メトロ銀座線、半蔵門線、都営地下鉄大江戸線「青山一丁目駅」 A5出口より徒歩4分
    東京メトロ銀座線「外苑前駅」 1B出口より徒歩6分
    フォームからお問い合わせ
弁護士法人勝浦総合法律事務所 東京オフィス
残業代請求はお任せください!
お急ぎの方は、今スグお電話ください [受付時間:平日9:30〜19:00 土曜日10:00〜17:00]
050-5267-6806【通話無料】
今すぐメールフォームからお問い合わせをする

残業代請求 メール無料相談フォーム

氏名 例)山田 太郎
フリガナ 例)ヤマダ タロウ
電話番号 例)03-1234-5678
メールアドレス 例)sample@yamada.com
住所 例)東京都渋谷区1-1
ご相談内容 例)相談したい